1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 現在受付中のセミナー
  4. ~女性医療ネットワークシンポジウム~ 『個人の特性に合わせた月経関連症状との向き合い方』

~女性医療ネットワークシンポジウム~ 『個人の特性に合わせた月経関連症状との向き合い方』

~女性医療ネットワークシンポジウム~
『個人の特性に合わせた月経関連症状との向き合い方』


PMS(月経前症候群)、PMDD(月経前不快気分障害)は、生活の質を低下させます。
今回のシンポジウムは、うつ病との関連、ADHD(注意欠陥多動性障害)、およびAS(アスペルガー症候群)の特性からのアプローチを盛り込みました。
それぞれの概論からPMS/PMDDの実際を学び、理解を深めることで症状改善への一助になれば幸いです。

日時  11月12日(日)13:00~16:00
会場  ルークホール(持田製薬本社2階)
    新宿区四谷1-7(JR四ツ谷駅四谷口 徒歩3分)

講演1 13:10~14:20 
「うつ病とPMS/PMDDの実際」
 東京女子医科大学東医療センター
 精神科臨床教授
   大坪 天平 先生

講演2 14:30~15:40
「ADHD・ASの特性の理解と対応法」
  NPO法人えじそんくらぶ代表 
  昭和大学薬学部兼任講師
  臨床心理士
 高山 恵子 先生

ディスカッション 15:40~16:00

詳細チラシはこちら→2017.11.12-シンポジウム案内チラシ.pdf

お申し込みはこちらから