1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 現在受付中のセミナー
  4. 女性の健康学校〈ジョイ・ラボ〉 6月25日【A-9】日常生活に潜むDV・虐待を見つけ出す ~日本の課題と世界の取り組み~

女性の健康学校〈ジョイ・ラボ〉 6月25日【A-9】日常生活に潜むDV・虐待を見つけ出す ~日本の課題と世界の取り組み~

女性の健康学校〈ジョイ・ラボ〉
6月25日主催セミナーのご案内


【A-9】日常生活に潜むDV・虐待を見つけ出す
~日本の課題と世界の取り組み~

◆6月25日(日) 10:00~12:00


講師:柴田 綾子(しばた あやこ)先生
・淀橋キリスト教病院 産婦人科
2006年 名古屋大学情報文学部卒業後に医学部に編入
2011年 群馬大学医学部を卒業。
沖縄県にて2年間初期研修をし、現在は大阪の淀川キリスト教病院で産婦人科医として研鑽を積んでいる。
趣味はお笑い、世界遺産巡り(現在15カ国)と日本の離島巡り、ネットサーフィンです。
産婦人科医として、1人でも多くの女性をサポートできたらと思っています。

著者:女性の救急外来 ただいま診断中! 
2017年 中外医学社 http://amzn.asia/0XnZuw1

ドメスティック・バイオレンス(DV)はニュースや新聞の中の話であり、「私には関係ない」と思っていませんか? 
内閣府の調査では、DVにあった際、誰かに相談をした人は37%のみで、被害者の半数以上の人は相談していません。
その理由として、相談するほどのことではないと思った(56%)、自分にも悪いところがあると思った(33%)と回答しています。
日本の結婚経験者の5人に1人が「配偶者からの被害経験がある」と回答しているように、DVはドラマや新聞だけの話ではありません。
配偶者暴力相談支援センターへの相談は1年間で10万件、警察の暴力事案の認知件数は6万件と年々増加しています。
最近では、結婚していない交際中のカップルにおけるDV(デートDV)が小学生にも発生しており、
アンケート調査では約15%が「これまでに交際相手から被害を受けたことがある」と回答しています。
この講義では、DVに対する日本や世界の活動(政府・NPO)や最近の研究について学び知識を深めるとともに、
DVの早期発見や予防のために私達に何ができるかを参加者の皆さんとともに考えます。

◆場 所:対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
        東京都中央区銀座 2-6-5 銀座トレシャスビル7階
◆参加費:4,500円/ジョイ・ラボ会員:年間会費に含まれています

お申し込みはこちらから