1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 7月6日【ジョイ・ラボC-6講座】身体機能

7月6日【ジョイ・ラボC-6講座】身体機能

7月6日【ジョイ・ラボC-6講座】身体機能

女性医療ネットワーク事務局より、セミナーのご連絡です。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいませ。
以下はセミナーの詳細となります。

【セミナー詳細】
<テーマ>  今,流行りの筋膜についての本当の知識
~理学療法士が考える女性のからだの構造~ 
<日 時>  7月6日(日) 18時30分~20時30分
<場 所>  対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
         東京都中央区銀座2-6-5  トレシャスビル7階
<参加費>  ジョイ・ラボ会員:無料  一般の方:2,000円
<講 師> 舟波 真一(ふなみ しんいち) 先生
(株)バイニーアプローチセンター 代表取締役

【内容】
テレビなどで最近よく見る,「筋膜」や「筋膜リリース」といったワード。ひとり歩きしている感じがありますが,これは本来「結合組織」といって人間のすべての器官をつなぎとめている膜状の薄い組織なのです。

人間は骨や筋肉以外にも,内臓,神経系(中枢・末梢・自律),血管系,リンパ系,などがありますが,それらすべてを包み上げているのが,骨膜,筋膜,筋間中隔,靭帯,腹膜,子宮内膜などと呼ばれている「結合組織」です。これらの結合組織は,名前を変えているだけで,その構成要素は同じものです。筋肉にしてみても,その一つ一つの線維は,筋内膜,筋周膜,筋上膜といった結合組織に包まれています。

近年の研究では,いわゆる肩こりや関節の硬さ,筋肉の硬さの原因は,中身ではなくそれを包んでいる膜組織のよじれや歪みであるといわれているのです。骨盤や子宮,卵巣,直腸などもがっちり腹膜で連結されていますので,子宮内膜症などもこの結合組織の問題に強く関連していると思われます。   

この結合組織には感覚受容器が数多くありますので,痛みを感じてしまうということになります。今まで通り,「~筋が硬くて伸びない」といって揉んだり,ストレッチしていても,問題点が違うため,改善しません。
体幹トレーニングも流行ですが,実は筋肉アップよりも,この結合組織で覆われている身体の中心のコア・スタビリティーといわれる「腹腔内圧」を整えたほうが運動やそのパフォーマンスが向上するというデータがあります。この腹圧と運動の関係も体験を通してご説明したいと思います。
最新の知見により,今までの既成概念をぶっ壊すセミナーとなりますので,非常に楽しめると思います。
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m 

舟波先生チラシ (1).pdf


【講師紹介】舟波 真一 先生
舟波.JPG












平成5年3月 国立療養所犀潟病院附属リハビリテーション学院 卒業
平成5年4月 新潟県立小出病院 入職
平成9年3月 新潟県立小出病院 退職
平成9年4月 諏訪赤十字病院 入職
平成15年3月 日本福祉大学大学院 博士前期課程(久保田 競 教室) 入学
平成16年3月 日本福祉大学大学院 博士前期課程 修了 
平成21年3月 日本理学療法士協会 神経系専門理学療法士に認定される
平成24年4月 BiNI COMPLEX JAPAN 設立  http://www.bini-approach.com/
平成25年3月 諏訪湖リハビリテーション研究会 設立 http://www.suwaco-reha.com/
平成25年10月1日 バイニーアプローチセンター 起業 http://www.bini-center.com/
平成27年3月5日 株式会社バイニーアプローチセンター 設立 代表取締役就任
平成27年11月11日 一般社団法人 BiNI COMPLEX JAPAN 設立 代表理事就任
平成28年4月1日 株式会社バイニーアプローチセンター東京銀座店 出店


【会場アクセス】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
〒104-0061 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
NPO法人 女性医療ネットワーク
TEL: 03-3538-0250       MAIL: info@cnet.gr.jp

お申し込みはこちらから