1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【ジョイ・ラボA-4講座】『メンタルヘルス』 加茂登志子先生

【ジョイ・ラボA-4講座】『メンタルヘルス』 加茂登志子先生

【ジョイ・ラボA-4講座】『メンタルヘルス』 加茂登志子先生
女性医療ネットワーク事務局より、セミナーのご連絡です。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいませ。
以下はセミナーの詳細となります。

【セミナー詳細】
<テーマ> 女性外来で子育ても支援する!
<日 時> 2015年10月28日(水) 18時30分~20時30分
<場 所> 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座(東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7階)
<参加費> ジョイ・ラボ会員:無料  一般の方:4,500円
<講 師> 加茂 登志子 (かも としこ)

加茂所長(笑顔).jpg












【内容】
女性外来のメンタルケアでは、薬物療法やその人個人への心理療法だけでなく、夫や子どもとの関係への介入が治療として重要なポイントになることがあります。周産期うつ病や特定妊婦に関する知識は十分であっても、患者さんから「子育ての悩み」や「子どもの問題行動」について相談された時に、ふと戸惑う専門家は少なくないのではないでしょうか。あるいは、治りにくいうつ病や心身症の背景に子どもの問題が見え隠れすることもあります。周産期うつ病はまだそれでもよく知られていますが、小さな子どもを養育する母親のメンタルヘルスについては、少なくとも日本の診療のなかではまだブラックボックスの一つといってもいいでしょう。「子育て支援」のノウハウの基本を知ることは、女性外来で案外役に立ちます。親子相互交流療法(Parent-Child Interaction Therapy : PCIT)とChild-Adult Relationship Enhancement(CARE)についてもご紹介します。

【講師紹介】加茂 登志子(医学博士)静岡県出身
昭和58年 東京女子医科大学卒業、東京女子医科大学精神医学教室入局 研修医
昭和61年 同 助手
昭和62年6月~平成元年6月  Heidelberg大学精神科留学(DAAD奨学生)
平成8年 東京女子医科大学精神医学教室 講師
平成9年 東京都女性相談センター 非常勤嘱託医
平成12年 東京女子医科大学 精神医学教室助教授
平成15年  同 女性生涯健康センター助教授(精神医学教室兼任)
平成16年3月  同 教授(精神医学教室兼任)
平成16年4月  同 所長

<資格>
医師免許証、精神保健福祉法 指定医、日本総合病院精神医学会 認定医

<受賞>
平成9年度 吉岡弥生賞 「女性医師のライフサイクルとメンタルヘルス」

<研究領域>
1)女性精神医学
2)摂食障害の症候学と治療
3) コンサルテーション・リエゾン精神医学(総合病院精神医学)、心身医学 

<学会活動>
日本トラウマティックストレス学会 理事、日本総合病院精神医学会 評議員、日本女性心身医学会 理事、日本性差医療・医学会 理事

<所属学会>
日本精神神経学会、日本総合病院精神医学会、日本トラウマティック・ストレス学会、日本産業精神医学会、日本女性心身医学会、日本性差医療・医学会、国際トラウマティック・ストレス学会


【開催場所】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F

【申込み、問合せ先】 
NPO法人 女性医療ネットワーク事務局 MAIL: info@cnet.gr.jp TEL:03-3538-0250

お申し込みはこちらから