1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【ジョイ・ラボA-6講座】 更年期

【ジョイ・ラボA-6講座】 更年期

【ジョイ・ラボA-6講座】 更年期
女性医療ネットワーク事務局より、セミナーのご連絡です。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいませ。
以下はセミナーの詳細となります。

******セミナー詳細*****
【ジョイ・ラボA-6講座】
<テーマ>   更年期のとらえ方とその対応
<日  時>  2014年3月12日(水) 18時30分~20時30分
<場  所>  対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
       東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7階
<参加費>   ジョイ・ラボ会員:無料  一般の方:4,500円
<講  師>  小山嵩夫(こやま たかお)

【内容】
わが国では更年期、即ち更年期障害ととらえられていることが多いが、更年期から生涯にかけての健康維持を考えその対応を長期的な視野から考えていくことも大切です。50歳になった女性は平均寿命からみて90歳代前半まで生きることが予想され、閉経前後の病気の発見も大切であるが、その時点での健康度も評価し生活習慣を中心とした対策も考えることは賢明です。
 ホルモン補充療法、漢方、サプリメントなどはこの様な場合よく用いられるが、その主たる目的は症状の改善のみならず健康維持、増進にもあることは知っておきたい。わが国の医療は病気の発見、病因を除去し、症状を改善するのを目的として制度が構築されているため、この様な目的には医療制度を適応させることは難しいところもあるが、90歳前後まで健康を維持することが目的である場合は疾患の治療のみでは不十分といえる。更年期障害、長期的な健康維持、HRT、サプリメントなどについて具体例を交えてお話しします。

【講師紹介】
小山嵩夫(こやま たかお):小山嵩夫クリニック院長
1968年東京医科歯科大学医学部卒業後、東京医科歯科大学医学部産婦人科講師、同助教授を経て、1996年より女性の健康管理を目的としたクリニック(自費診療のみ)を東京都中央区に開業。専門は生殖内分泌、更年期、健康増進。2002年更年期と加齢のヘルスケア研究会を設立、2008年学会に移行。2006年よりNPO法人更年期と加齢のヘルスケア理事長を務めながら、更年期の啓発のためのメノポーズカウンセラー育成にも力を入れている。2012年から一般社団法人日本サプリメント学会理事長も務めている。

【会場アクセス】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座(旧 ジュノ銀座産院健康院)
〒104-0061 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
NPO法人 女性医療ネットワーク
TEL: 03-3538-0250 MAIL: info@cnet.gr.jp

お申し込みはこちらから