1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【3月30日開催】NPO法人 女性医療ネットワーク 2014年度 総会シンポジウム

【3月30日開催】NPO法人 女性医療ネットワーク 2014年度 総会シンポジウム

NPO法人 女性医療ネットワーク 2014年度 総会シンポジウム
「DV被害者支援のためのネットワーク作りに向けて」

いま、20組に1組はDVカップルと言われています。
被害に遭っているという自覚もなく関係を続けている女性も多く、このような人たちをどうサポートするか、ということに、さまざまな機関が取り組んでいます。
ただ、それぞれが孤立していまい、横のつながりが無いことが、本当に必要な支援を妨げています。
この問題をどう解決するか、さまざまなDV被害者支援の立場からディスカッションしたいと思います。

***********
日 時:2014年3月30日(日)13時00分~16時30分(受付開始12時)
場 所:持田製薬本社3階「ルークホール」 (定員150名)
    (東京都新宿区四谷1-7  四ツ谷駅北口より徒歩2分)
※会場地図はこちら⇒地図.pdf

参加費: 1,000円       (ジョイラボ会員:無料)
主 催:NPO法人 女性医療ネットワーク
※ 託児所の用意がございます。お希望の方は03-3238-0250へお電話を下さい。
***********

▼プログラム▼
総合司会 : 田中剛太(明治学院大学社会学部・非常勤講師)

■第一部 講演(13時~) 
事例検討から考える支援者連携 ~Yさんのケースから~

・サバイバーの経験から
Yさん

・母子自立支援員を1年経験して思ったこと
渡辺潤(全国公的扶助研究会・事務局長)          

・当事者団体が目指すDV被害者支援の課題
吉祥眞佐緒(エープラス代表/自治体DV専門相談員)

・DV被害者支援における支援者と弁護士の連携について
谷田和一郎(弁護士)

・生活弱者(生活保護・DV被害者・高齢者など)の住まい探し
桑島知己(株式会社香稜住販 つくば研究学園支店店長)

<休   憩>

■第二部 講演(15時10分~) 
女性医療との連携について 

・性暴力被害者に必要な医療機関との連携~婦人保護施設の現場~
横田千代子(婦人保護施設いずみ寮・寮長)

・医療機関で見えるDV~視点の欠落と困難な支援~産婦人科医の立場から~
種部恭子(女性クリニックWe! TOYAMA院長)

■第三部 パネルディスカッション(16時~)
司会:吉野一枝(よしの女性診療所院長)、演者全員

お申し込みはこちらから