1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【ジョイ・ラボA-6講座】『更年期からはじめる女性のトータルヘルスケア』

【ジョイ・ラボA-6講座】『更年期からはじめる女性のトータルヘルスケア』

【ジョイ・ラボA-6講座】『更年期からはじめる女性のトータルヘルスケア』
女性医療ネットワーク事務局より、セミナーのご連絡です。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいませ。
以下はセミナーの詳細となります。

【セミナー詳細】
<テーマ>  『腸内環境を整える』
<日時>   11月13日(水) 18時30分~20時30分
<場所>   対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
         東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7階
<参加費>  ジョイ・ラボ会員:無料  一般の方:4,500円
<講師>   岸本 佳子(きしもと けいこ)

【内容】
知っているようで意外と知らない腸内の環境について、アンチエイジングの視点から考えてみたいと思います。
健康の基本となるのは、腸内環境と言われています。私たちは日々口から食物を摂り、栄養素を消化・吸収して身体を作っています。腸内には100兆個以上の腸内細菌が生息し、人間と共生しバランスを保ちながら腸内細菌叢を形成しています。これらの細菌は、発酵やビタミンB群やビタミンKの産生も行っています。
腸は、飲み込まれた食品や飲み物や細菌など様々な「異物」と直面し、身体にとって有益なものと不利益にまるものを認識して私たちを守る最前線です。多くの免疫細胞が腸に存在し、約8割の免疫は腸の状態で決まると言われています。ですから免疫力をアップさせたければ、まず一番に腸内環境を整える必要があるのです。
その他にも、腸はセロトニンなどの神経伝達物質を産生し、独自の神経ネットワークを持っていると同時に、腸脳相関という言葉の通り脳神経とも密接な関係で結ばれています。おなかが満たされると幸せな気持ちになるのは、このおかげです。精神的な問題が、腸を治すことで改善されることもあります。
腸の検査といえば、通常バリウム検査や内視鏡を思い浮かべる人がほとんどでしょう。しかしこれらは形態を見る検査ですので、胃炎や潰瘍、ポリープや癌があるかどうかは分かりますが、免疫や腸内細菌などの機能的なことは評価できません。
アンチエイジングでの腸の検査は、3段階に分けられます。
まず、食物アレルギー検査です。食物アレルギーには、即時型と遅発型があり、即時型は食べてすぐに蕁麻疹や喘息などの激しい症状を来すもので、IgE抗体が関与し肥満細胞や顆粒球からヒスタミンが放出されます。この反応は一度発症してしまうと、生涯にわたりその食べ物に対する反応は続きます。これに対して、遅発型は食べ物を摂取してから24~72時間後に症状が現れますが、それほど強い症状ではないためほとんどの人は気が付きません。便秘や下痢、腹部膨満感などの消化器症状や頭痛、倦怠感、集中力の低下などの精神症状、湿疹や肌荒れ、にきびなどの皮膚症状など、慢性的に原因不明の症状が続くのが特徴です。これらは、抗原―抗体反応によっておこり、通常は適切に対処することで3~6か月後には再び摂取できるようになります。
食物アレルギー検査の結果が非常に重篤な方には、消化器系総合検査(便検査)や腸管侵漏検査(尿検査)をお勧めします。便検査では、腸内細菌叢の善玉菌、悪玉菌、境界悪性菌がどのような割合で存在しているか、イースト菌の異常増殖はないか、消化酵素、消化の状態、チゾチームやラクトフェリンなどの炎症兆候、sIgA、乳酸菌やビフィズス菌から産生される短鎖脂肪酸などが評価できます。悪玉菌に対しては、どの薬剤や天然成分で治療すればよいのかを調べる感受性検査も同時に行われます。腸管侵漏度検査は、マンニトールとラクチュロースの大きさの異なる二つの非代謝性糖分子を飲んでもらい、腸粘膜からそれぞれどのくらい吸収され腎臓から濾し出されるかを測定することで、腸粘膜の透過性を評価します。腸の粘膜では、アレルギーによる腸管の慢性炎症によってきれいに並んでいた腸上皮が乱れて隙間が生じ、その間から通常では吸収されないはずの未消化の大きな分子が通り抜けて粘膜下に達するためにさらに炎症・透過性が亢進していきます。これを腸管侵漏症候群Leaky Gut Syndromeといい、腸管毒性や免疫異常が進んで自己免疫疾患や脳血管関門の異常などの全身疾患へと広がっていくのです。このような状態では、腸の上皮はうまく機能しないため食事やサプリメントも吸収されません。
腸内環境について理解して、楽しくアンチエイジングに取り組みましょう!

【講師紹介】
聖マリアンナ医科大学放射線科
対馬ルリ子ライフクリニック・アンチエイジング外来担当

1967年 広島県生まれ。山口大学医学部卒業後、同大学放射線科に入局。大学病院を中心に、放射線科医として画像診断・血管造影IVR治療、癌治療など広く臨床に関わる。特に婦人科領域の画像診断を得意とし、2005年スエーデン・エーテボリ大学、2006年~2008年アメリカ・ジョージタウン大学に留学。留学中に欧米の予防医療や天然ホルモン補充療法に興味を持ち、アメリカアンチエイジング学会専門医を取得。帰国後、銀座のクリニックにて、オゾン療法やキレーション療法、天然ホルモン補充療法、栄養療法などの予防医療を実践。海外の最新検査による的確な診断に基づいた治療に定評がある。
日本医学放射線科学会放射線科専門医 日本血管造影・IVR学会指導医 検診マンモグラフィー読影認定医 アメリカアンチエイジング学会(A4M)専門医 A4M認定advanced fellow 日本キレーション治療普及協会認定専門医

【会場アクセス】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座(旧 ジュノ銀座産院健康院)
〒104-0061 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
NPO法人 女性医療ネットワーク
TEL: 03-3538-0250 MAIL: info@cnet.gr.jp




お申し込みはこちらから