1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【ジョイ・ラボA-1講座】『これからの女性の健康を考える

【ジョイ・ラボA-1講座】『これからの女性の健康を考える

女性医療ネットワーク事務局より、セミナーのご連絡です。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいませ。
以下はセミナーの詳細となります。

【セミナー詳細】
<テーマ>  『これからの女性の健康を考える
 ~豊かに輝いて生きる続けるための40歳からの健康対策~』
<日時>   1月9日(水) 18時~20時
<場所>   対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
         東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7階
<参加費>  ジョイ・ラボ会員:無料  一般の方:4,500円
<講師>   金重恵美子(かねしげ えみこ)

【内容】
日本女性の平均寿命は86歳を超え長寿ですが、要介護期間が長いことが問題です。健康寿命を延ばし、高齢期を自立してイキイキわくわく輝いて生きるために、どんな対策が必要でしょうか。
閉経年齢は50~51歳。閉経後35年以上を女性ホルモンのない状態で生きることになります。更年期とは、閉経の前後5年をいいますが、まさに人生の折り返し地点にあたります。今までの人生を振り返り、今後の人生設計をする節目の更年期は、自分の抱える潜在的なリスクを客観的に評価し、生活習慣、運動習慣、思考行動習慣を見直す良い機会です。
女性ホルモン欠乏は更年期障害だけでなく、高齢女性の生活の質を低下させる骨粗しょう症、高脂血症、認知症などの原因になります。これらの予防と治療のために、ホルモン補充療法(以下、HRT)が有用です。HRTは、中高年女性のQOLを向上させる手段の一つです。HRTのメリットとデメリットを理解し、リスクを最小限にする使い方を選んで使い続けましょう。

【講師紹介】
金重恵美子(医師:社会医療法人鴻仁会岡山中央病院 副院長)
(ウィミンズメディカルセンター長   セントラル・クリニック伊島 院長)
1952年 岡山市生まれ。
1976年 岡山大学医学部医学科卒業  産婦人科専攻  医学博士 岡山大学医学部附属病院、岡山赤十字病院、川崎医科大学附属川崎病院などを経て、1986年より岡山中央病院勤務。
1990年  同院副院長 一般婦人科外来、更年期閉経外来、不妊内分泌外来を担当。
1999年5月 女性の一生を通じての健康を支援するためのウィミンズメディカルセンターを開設し、同センター長に就任。
女性のこころとからだを総合的にとらえ、病気の治療をするだけでなく、病気の予防とさらにすすんで健康増進を支援するため、産婦人科だけでなく内科、心療内科、外科、泌尿器科の医師とコメディカルが協力して運営している。
特に対策が遅れている思春期および更年期以後の中高年女性のこころとからだの健康支援と生活の質(QOL=quality of life)の向上を目指している。

岡山県産婦人科医会理事 岡山県医師会女医部会委員
日本女医会 子育て支援委員会委員
JCPTD(うつ病の予防・治療日本委員会)委員
(=Japan Committee for Prevention and Treatment of Depression)

所属学会:日本産科婦人科学会、日本女性医学学会
     日本母性衛生学会、日本思春期学会、日本妊娠高血圧学会

市民活動:岡山女性フォーラム代表、おかやまの女性ランナーを支援する会 副会長

【会場アクセス】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座(旧 ジュノ銀座産院健康院)
〒104-0061 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
ユーノ事務局(NPO法人 女性医療ネットワーク)
TEL: 03-3535-2995 MAIL: info@cnet.gr.jp

お申し込みはこちらから