1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【ジョイ・ラボA-6講座】『更年期からはじまる女性のトータルヘルスケア』

【ジョイ・ラボA-6講座】『更年期からはじまる女性のトータルヘルスケア』

女性医療ネットワーク事務局より、セミナーのご連絡です。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいませ。
以下はセミナーの詳細となります。

【セミナー詳細】
<テーマ>  『更年期からはじまる女性のトータルヘルスケア』
----1/4世紀差にみる健康・生きがい意識----

<日時>   10月28日(日) 10時~12時
<場所>   対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
         東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7階
<参加費>  ジョイ・ラボ会員:無料  一般の方:4,500円
<講師>   村崎芙蓉子

【内容】
閉経を中心とする更年期は、これまでその前後のほぼ10年といわれ、また多くの更年期に関する文献もそのように記載されているが、長期にわたって臨床的に観察していると、10年と区切ることには様々な矛盾をおぼえることが多い。むしろ、閉経を中心に前後10年ずつ、ほぼ20年と考えたほうが理解しやすいケースが多い。

現在は、はるか閉経前にホルモンのバランスを欠き、更年期症状を呈する例には、「プレ更年期」、閉経後5年以上を経たにも関わらず治療を必要とするケースには、便宜上「ポスト更年期」という認識で対処してきた。しかし、「更年期は10年」の縛りを外し、「更年期は20年」と考え、ケース別に更年期医療の枠を広げていけば、医療を受ける側、そして医療を行う側も、確信をもって「更年期症状」に取り組めると考える。
その症例として、私自身と私の母との閉経後の健康な生き方や不健康な死に方を対比させ、お話をしたいと考える。

【講師紹介】
村崎芙蓉子(医師:女性成人病クリニック)
昭和10年(1935)東京生
昭和35年 東京女子医大卒
日本心臓血圧研究所(現心臓病センター)入局
昭和49年 新宿三井ビルクリニック勤務
平成4年(1992)日本初の内科医による更年期専門外来「女性成人病クリニック」を開業、ホルモン補充療法(HRT)を中心とした医療を行って現在に至る。


【会場アクセス】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座(旧 ジュノ銀座産院健康院)
〒104-0061 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
ユーノ事務局(NPO法人 女性医療ネットワーク)
TEL:03-3538-0250 MAIL: info@cnet.gr.jp


お申し込みはこちらから