1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【ジョイ・ラボ A-9講座】 DVと虐待

【ジョイ・ラボ A-9講座】 DVと虐待

虐待と対策 ~予防としての性教育・人権教育の重要性 ~
「女性と小児に対する虐待を断ち切るために」開催

いつもご愛顧いただきありがとうございます。
女性医療ネットワーク事務局よりセミナーのご連絡です。
以下はセミナーの詳細となりますので、お誘い合わせのうえお越し下さいませ。 
皆様のご参加を心よりお待ちしております。


【セミナー詳細】
(A-9 DVと虐待)
---------------------------------------------------------------------------------------------
【日 程】2012年5月27日
【時 間】9:00~11:00
【場 所】対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座(旧 ジュノ銀座産院健康院)内スタジオ
【参加費】ジョイ・ラボ会員:無料  一般金額:4,500円
【講 師】上村 茂仁
ウィメンズクリニック・かみむら 院長 
デートDV防止プロジェクト・おかやま 副代表
岡山セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス研究会 顧問
患者の平均年齢が21歳という婦人科クリニックでの診療や一日50件以上の思春期メール相談に答えながら、
子供たちの本音や悩みを伝えるべく年間約100回に及ぶ全国での学校講演や一般講演を行っている。
----------------------------------------------------------------------------------------------
【内 容】
年間100校の性教育を行なっている。
また学校の生徒達には携帯電話から繋がることの出来る相談専用のメールアドレスを教えていて一日50件以上の相談に返事をしている。そんな相談の中には虐待を受けている内容も決して少なくはない。女子が性的虐待を受けているケースや母親からの精神的虐待など多種にわたっている。

このような虐待に対して現在いろいろな予防対策が成されている。保健所や産婦人科、助産所や学校など様々な施設が横に繋がった対応を考えている。

しかしながらシリアスな虐待ケースに進行しているものに対しての対応は難しいことが多く、対策は妊娠中からのハイリスク妊婦の発見、その対応が主体に行なってきている。しかしそれでも遅い現実から、現在は将来の母親、父親である中学生・高校生への人権教育、命の教育が重要であると認識されている。

今回は子供たちのメール相談から見られる性虐待・虐待の現状から予防としての性教育、デートDV 予防教育などの実例を紹介する。

******

【会場アクセス】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
(旧 ジュノ銀座産院健康院)  
 〒104-0061 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
     受付時間:
     月曜日~金曜日:10:00~18:00
     土曜日:10:00~13:00
 TEL:03-3535-2992
MAP:http://w-wellness.com/access.html


お申し込みはこちらから