1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 終了したセミナー
  4. 【ジョイ・ラボB-1講座】性差医療のご案内

【ジョイ・ラボB-1講座】性差医療のご案内

「最新の知見を基にして」
***************************
【講師】田中裕幸
【日程】2012年4月22日(日)
【時間】午前9:00~11:00
【場所】対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座内スタジオ
(旧 ジュノ銀座産院健康院)
【参加費】ジョイ・ラボ会員:無料  一般金額:4,500円
【申し込み】メールまたはお電話にてお願い致します。
 mail:info@cnet.gr.jp
 tel:03-3538-0250 fax:03-3538-0250 (女性医療ネットワーク事務局)
***************************

【講師プロフィール】
 *性差医療における脂質分野のパイオニア*
田中 裕幸(たなか ひろゆき)1954年(昭和29)佐賀県生まれ

1978年(昭和53)長崎大学医学部卒業後、九州大学医学部皮膚科、久留米大学第三内科(循環器)入局、
大牟田市立病院循環器科医長などを経て、1994年(平成6 )ニコークリニック開業。
医学博士、日本循環器学会専門医、日本内科学会認定内科医
性差医学活動:日本性差医学・医療学会評議員、更年期と加齢のヘルスケア学会幹事、
女性医療ネットワーク理事。著書:知って得する女性の医療学講座(西日本新聞社)、
日本人はコレステロールで長生きする(PHP研究所)、男女で違うメタボとコレステロールの新常識(廣済堂出版)


【要旨】
エストロゲンにはLDLコレステロールを下げる作用があり
更年期にはエストロゲンの低下によりLDLコレステロールは通常40mg/dL位上昇します。
そのため、これまでの疫学研究でLDLコレステロールの基準値に性差は必要なことが分かっています。
また、LDLコレステロールを構成するリポ蛋白やコレステロールエステルには、
リノール酸の他、アラキドン酸やEPA、DHAなどの脂肪酸が含まれるため、魚を食べる日本人では
LDLコレステロールの動脈硬化を進展させる力は弱いといえます。
本講座では、血清脂質や脂肪酸などと動脈硬化の関係を調べた研究結果を紹介し、
女性の動脈硬化予防はどうすればよいかをテーマに解説します。


【会場アクセス】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
(旧 ジュノ銀座産院健康院)  
〒104-0061 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00


お申し込みはこちらから