1. ホーム
  2. 活動報告
  3. セミナー報告
  4. 2011.09.20 八戸ツアー「東北を元気にする女性たちの力」のご報告

八戸ツアー「東北を元気にする女性たちの力」のご報告

2011.09.20

1.シンポジウム報告

銀座美人塾 inはっち ~真の美人を目指すために~

主催) 八戸市(はっち)

日時) 2011年8月20日(土)14:00~16:30

場所) はっち シアター2

メニュー)

1部 対馬ルリ子氏  基調講演 ~真の美人を目指すために~

2部 実践 ~リラックス~

○美しくなるための音楽鑑賞(ヴィオラ演奏)

○野菜ソムリエが作る健康ジュースでリフレッシュ(対馬先生プロデュース)

3部 「大人のガールズトーク」真の美人の秘訣とは?!

ゲスト:吉川千明氏、吉野一枝氏、中山恵美子氏

健康維持、内側美容、内面磨き、アンチエイジング 仕事、妊娠・出産・育児、精神安定・ストレス解消法 など

東京ジュノ銀座産院で開催されている「銀座美人合宿」、 その一部分をちょっとだけ体験してみませんか?!

八戸ツアー シンポジウム

2.ツアー報告

八戸ツアー報告   対馬ルリ子 8月20~22日、恒例の八戸ツアー(第4回目)に行ってきたのでご報告します。

20日土曜日は、午前中18名で八戸に移動し、午後は八戸ポータルミュージアム「はっち」で講演会&イベントを行いました。名づけて「GINZA 美人塾 IN  HACCHI 」八戸市役所の若い女性たちが企画 し、わたしたちがボランティアで協力。一部は、講演会「真の美人をめざすために」講師は対馬、もちろん美人は内側からです。知識をもって、検診をうけ、病気を予防しながらこころもからだも健康であってこそ!という、いつもの話をさせていただきました。

二部は、ビオラの演奏&生野菜ジュース。すてきな音楽を聞きながら飲む野菜ジュース。

三部は、「おとなのガールズトーク」?

楽屋で聞いて出演予定の対馬、吉野一枝、吉川千明はイスからこけそうになったのですが、なんとSATC(sex and the city)の音楽に合わせ、ミラーボールが回るステージに登場し てくれというのです。ノリよく壇上に上がった私たち。八戸の女性とともにトーク。これは大盛り上がりで、聴衆は100名の会場からあふれました。

 翌21日は、津波で漁船が打ちあがった舘鼻岸壁に。コーヒー、イカ焼き、ラーメン、ウニなどを味わったのち、蕪島神社に参拝。午後は種差海岸から海沿いにバスで南下し、岩手県の陸中野田まで視察に行きました。本当にひどい被害を受けた地域までは入りませんでしたが、野田でもまだ分断されたままの鉄道や、くずれた堤防、なぎ倒された木々、がれきや流木の山が残されていました。

八戸ツアー 蕪島神社

八戸ツアー 陸中野田

 2日目夜は盛岡つなぎ温泉に泊まり、岩手県の女性支援につなげてくださった方々と交流会を持ちました。当会は震災以来、たくさんの個人や企業から義援金や支援物資をいただき、かなり早い時期から女性の健康と尊厳を守るために動いてきました。現地で助けてくださった方もたくさんいます。岩手のキーパーソンになってくださった方は、まず東海林智恵さん(弁護士さん)。彼女に紹介され私たちの支援物資の受け入れ先を捜してくださったのは、平野ユキ子先生(もと議員さん)。そして、500名以上の避難者を受け入れていたつなぎ温泉で、手わけして物資を配ってくださった「四季亭」のおかみさん、林晶子さんとその仲間たち「ピーチクパーチク」さん。

私たちが送ったブラやショーツ、シャンプーやリンス、ポーチ、化粧品サンプル、生理用ナプキンなどの女性の身の回り品は、とてもよかったと感謝されました。 すべて新品で、仕分けがされ、中身も配りやすいサイズだったのがよかったそうです。また段ボールのすべての面に「女性用下着」とか「生理用ナプキン」などと大書きして紙で貼ったのも、わかりやすく便利だったと評価されました。平野さんに「その後は支援物資の申し出には、このようにと頼むお手本になりました。」と言われました。ジュノのスタジオで、皆で何日も作業したことが思い出されます。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

しかし、受けるほうも着いた荷物を仕分けして車にのせ、避難所に運び、配るという作業をしなければなりません。こんなにも何人もの人の手を経ないと、必要としている人には渡らないのだなあと認識を新たにしました。

 平野さんに、「今後はどのような支援が必要とされていますか?」と聞いたところ「まず雇用。それから、ウツウツとした日常からちょっと離れることができる、楽しみが欲しいです。」仮設に移って周囲との交流が少なくなると、ウツや不安・不眠、家庭内暴力、飲酒や喫煙への依存がおこりがちです。ちょっとした楽しみがあるだけで、気分や意識がずいぶん変わるようです。八戸でわたしたちがやったようなトークショーも少しは役に立つでしょうか?「女性の力で東北を元気にしよう!」という意気込みで行ったので、少しほっとしました。

当会理事の内科医、斎藤恵子先生にもお世話になりました。心療内科、思春期の相談、女性刑務所服役者の健康支援、震災後の医療支援など八面六臂のご活躍をされていますが、今後は盛岡市の中心部に女性医療センターを立ち上げる計画をお持ちです。

 東北にまた行きましょう。わたしたちにできる何かを、女性が未来に自信と夢を持てる何かを、皆でやっていきましょう。今後も継続的な東北支援をよろしくお願いします。