1. ホーム
  2. 活動報告
  3. セミナー報告
  4. 2007.07.08 公開セミナー「サプリメントを賢く使いこなすポイント」開催

公開セミナー「サプリメントを賢く使いこなすポイント」開催

2007.07.08

7月8日(日)、持田製薬内のルークホールにて、女性医療ネットワークの公開セミナーが開催されました。当日は「サプリメントを賢く使いこなすポイント」をテーマに5人の講師の方が、女性の健康とサプリメントについて様々な意見を述べられました。

オプティマル・ヘルスとサプリメント今村理子先生
金沢医科大学 総合診療科女性外来担当、生活習慣病センター女性外来担当/明峰会木村病院 内科

今村理子先生アトピー性皮膚炎をきっかけに、サプリメントを飲み始めたという今村先生。

「姉から勧められてサプリメントを飲みだしたところ、アトピーの症状が落ち着いたり、疲れにくくなるなど様々な効果がありました。そこで女性医療の現場でぜひこの体験を生かしたい、と思うようになったのです。女性外来を訪れる方は、今は深刻な病気ではないけれどそのまま放置すると病気のリスクが高くなる『未病』の状態の人たちがほとんど。このような未病の状態にはサプリメントやアロマテラピー、漢方といった代替医療が効果を発揮します。西洋医学と代替医療を組み合わせることで、その年代においての最善の健康を目指す『オプティマルヘルス』を実現することができるのです」

オプティマルヘルスを実現するためには、栄養所要量以上の栄養素を摂取することが大切なのだとか。

「たとえばビタミンCは栄養所要量を満たすだけなら100mgでOKですが、オプティマルヘルスのためには1000〜2000mgを目指す必要があります。しかし現代は食事だけでは十分な栄養素を摂りきれない時代。そこでぜひ活用してほしいのがサプリメントなのです。ベーシックサプリメントとしてはすべての栄養素の底上げをする「マルチビタミン」、筋肉や骨を作る「食物性たんぱく質」、老化防止のカギとなる「CoQ10」、生活習慣病の予防となる「オメガ3系油」、心や体に様々な効果をもたらす「ファイトケミカルス」などをオススメしています。規則正しいライフスタイルに加えてサプリメントを上手に摂取することで、自分だけでなく社会全体を幸せにする、オプティマルヘルスの実現が可能になるのだと思います」

女性外来に役立つサプリメント中尾美々子氏
ファンケル学術本部 ヘルスケア事業部 サプリメントアドバイザー・薬剤師

中尾美々子氏ファンケルの銀座スクエアでサプリメントアドバイザーとして活躍している、薬剤師の中尾さん。サプリメントの相談を通して、女性たちの抱える様々なトラブルに耳を傾けてきたとか。

「約4年間で1000人をはるかに超える女性たちの相談に応えてきました。実際のカウンセリングでは食生活やライフスタイルのアドバイスを行い、不足している栄養素をサプリメントで補うことによって『体調をより健康に向かわせる』ことを目的にしています」

 そして「サプリメントを飲み始めてから不調が改善した!」という、多くの女性たちを目にしてきたとか。

「たとえば2年ほど生理が止まっているという38歳の女性の場合、仕事は忙しくストレスは多いものの適度な運動量があり、食事のバランスにも気をつけていらっしゃいました。そこでプロラクチンを低下させるチェストツリーと女性ホルモン様の作用をもつイソフラボンを配合した『チェストツリーメロディ』と、疲労回復に効果のある『高麗人参』を摂取したところ、2ヶ月後に生理が再開したとか。その後再び止まってしまったので、さらに『ローヤルゼリー』をオススメしたところ、1ヵ月後にまた生理が始まり、その後順調になったとのことです。このように何種類かのサプリメントを組み合わせることによって、女性の抱える様々な不調を改善する効果が期待できると思われます」

話題のサプリメントをCHECK

ピクノジェノール 〜女性の健康と美をサポート〜

野沢民樹氏(持田製薬 戦略推進部 新規事業グループ)

女性の健康と美容に効果を発揮すると話題の成分、ピクノジェノール。
「ピクノジェノールはフランス南西部の海岸松の樹皮から抽出された、抗酸化栄養素です。万病や老化の原因といわれる活性酸素を除去する力があり、その力はビタミンCの20倍、ビタミンEの40倍におよびます」(野沢さん)

すでに35年の発売歴があり、安全性や有効性についても様々なデータが揃っているとか。
「ピクノジェノールには抗炎症作用があるので、関節の痛みの緩和や生理痛の改善に効果を発揮します。またコラーゲンと結合するため美肌効果もあり、さらに血流がよくなるため肩こりの緩和や更年期障害の改善にも役立ちます」

野沢民樹氏ピクジェノールピクノジェノール&ビタミンC+E
60粒入り
7,350円/持田製薬

γ-リノレン酸 〜PMSの改善に効果あり!〜

田中晴美氏(日清オイリオグループ ヘルシーフーズ事業部 消費生活アドバイザー)

女性特有の悩みである月経痛やPMS(月経前症候群)。これらに効果を発揮するのが、γ-リノレン酸です。

「γ-リノレン酸は月見草やボラージ草に多く含まれる成分で、アトピー性皮膚炎を緩和させたり、コレステロールを低下させる作用があります。また日本女性の8割以上が体験しているといわれる、PMSの改善に非常に役立つ成分でもあるのです。 PMSに悩む女性たちを調査したところ、血漿中のγ-リノレン酸が低下していることが分かりました。そこでγ-リノレン酸を投与する実験をしたところ、症状の改善が確認されたのです。弊社では抗炎症作用をもつピクノジェノールとγ-リノレン酸を組み合わせた商品を開発し、女性の辛い症状を緩和させることに取り組んでいます」(田中さん)

田中晴美氏γ-リノレン酸ミラピス
150粒
10,500円/日清オイリオ

アスタキサンチン 〜美肌&血液サラサラを実現〜

斉藤明美氏(富士化学工業 ドクターサプリ営業部 部長)

サプリメントや化粧品など、様々な分野で脚光を浴びているアスタキサンチン。
「アスタキサンチンとは海老、蟹などの甲殻類や鮭などに含まれる赤い色素のこと。トマトのリコペンなどと同じ、天然カロチノイドの一種です。ビタミンEの1000倍、βカロチンの40倍という優れた抗酸化作用に加え、メラニンの生成を抑制したり、血液をサラサラにするなど、女性の美容と健康に大変役立つ成分なのです」(斉藤さん)

アスタキサンチンを食品から摂取することは難しいのでしょうか。
「アスタキサンチンは1日におよそ6mgを摂取がするのが望ましいとされています。これをすべて食事で補おうとすると紅鮭なら2切れ、たらこは6腹程度が必要になります。食べられない量ではありませんが、毎日継続するとなるとなかなか大変ですよね。そのためサプリメントを上手に活用することをオススメしています」

斉藤明美氏アスタリールATアスタリールAT
60粒
6,500円/富士化学工業

そこが知りたい!! サプリメントQ&A

Q 年齢によって摂るべきサプリメントの種類は違うのでしょうか?

A サプリメントは年齢ではなく、一人ひとりの不調やライフスタイルに応じて取り入れるものです。たとえばお酒を多く飲むならウコン、喫煙者ならビタミンC、ホルモンバランスが乱れているときはローヤルゼリーなど、自分にとって不足しがちな栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

Q 摂り過ぎると体に悪影響を及ぼすサプリメントはありますか?

A ビタミンB、Cなどの水溶性ビタミンは摂りすぎると尿で排出されますが、ビタミンA、D、Eなどの脂溶性のビタミンは体内に蓄積されます。そのため過剰摂取には注意が必要。複数のサプリメントを飲んでいて不安な場合は、一度すべてのサプリメントの合計容量を確認してみてください。

Q 安全なサプリメントを判断するにはどうしたらいいのでしょうか?

A まずは信頼できる企業のサプリメントを購入することが第一。疑問に思うことがあるときは、各メーカーの相談窓口に問い合わせてみましょう。なお厚生労働省のホームページには、サプリメントによる健康被害の最新情報を掲載したページもありますので参考にしてください。